住宅のリフォームやリノベーションで中古家具が人気を集める背景

>

中古家具が人気を集めている理由とその背景

最近の住宅に対する考え方の変化

最近の住宅に対するものの考え方はここ数年で非常に変化してきており、最近は新築のマンションや住宅の売れ行きが落ちているというのです。
どういったことかというと首都圏を中心に空家率の上昇で中古住宅の行動かが問題になっています。
その解決のために持ち主や不動産屋が中古住宅や中古マンションを安い価格で売り出し始め、そういった物件に人気が集まっているというのです。
しかしただ価格が安いだけでは今の人たちは購入しません。
実は今売り出している中古物件に多いのが買主が自分の好きなようにリフォームやリノベーションをすることが自由にできる物件が多くそこに人気が集中しているのです。
住宅にも個性を求める人が多くなったためこのような現象が起きています。

中古の住宅が良く売れている現在の状況

こうした状況も踏まえ、中古の物件の売れ行きが増加しており自分だけのオリジナルな家を探す人が急増していることになっています。
とにかく魅力なのが住宅価格の安さにあり、新築物件の30%前後地区にもよりますが安くなっています。
それにプラスしてリノベーションなどの価格が600万前後乗っかってくるのでそれをプラスしても自分好みの住宅が手に入ると考えれば安いものです。
さらにリノベーションがOKという事はかなりの部分まで改装することが可能になりますのでリノベーションの予算を少し上げればまるでオーダーハウスのように仕上げることも不可能ではありません。
こうしたことに目を向けると新築住宅に住むよりは満足して自分の家を手に入れられるのが魅力の点です。


この記事をシェアする